プロペシアの副作用は薬が効いてる証拠でもある

笑う男性

医薬品であることを理解

悩む男性

継続することの大切さ

プロペシアはAGAの治療に用いられている医薬品で、効果は抜け毛の原因である男性ホルモンの分泌を抑え発毛のサイクルを正常な状態へと戻してくれます。AGAが原因で髪の毛が抜けている場合は男性ホルモンを抑制することによって、再び髪の毛が生えてくる可能性がとても高いのでプロペシアの服用はお勧めです。使用方法は一日一回飲むだけという手軽さですが、医薬品ですので余計な副作用を抑えるためにも医師の指示には従う必要があります。また、飲む時間帯は夜の寝る前に飲むのがお勧めです。できれば、夜10時前に飲むと髪の毛が成長する時間帯にちょうどプロペシアの効果がでるので発毛には効果的です。服用する期間はプロペシアの効果が出るまでには半年から1年ほどはかかります。正しく使用するかぎりは副作用は起きにくいので、気長に継続して毎日飲み続けることが大切です。

効果があるのはAGAのみ

注意したい点としてプロペシアはAGAのみに対して発毛の効果がある点です。他の原因で薄毛になっている人には全く効果は無いものです。この点には注意しておきましょう。プロペシアは医薬品ですので副作用が全くおきない訳では無く医師の処方や指示を守る必要があります。また、プロペシアの服用を始めてもすぐに効果がでるものでは無いことを覚えておきましょう。一日一回飲むのを最低でも半年は続ける必要があり、飲み続けないと効果があるのか無いのか医師が判断することはできない医薬品です。忘れがちなのが、プロペシアの服用は中止すると発毛の効果がなくなり髪は再び減退を始めます。髪を維持するためには飲み続ける必要があります。最も注意したいのが女性がプロペシアに触れることがあると重篤な副作用を起こしやすいので結婚している人や子供の予定がある人は取り扱いに細心の注意が求められます。