プロペシアの副作用は薬が効いてる証拠でもある

笑う男性

薄毛対策に必須の成分

鏡を見る男性

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)に使用される医薬品です。プロペシアには、5α還元酵素阻害作用という特徴があり、男性ホルモンとして作用するジヒドロテストステロンの合成を抑えることで効果を発揮します。ちなみにこの薬は、前立腺肥大症の薬として開発されてきたのですが、脱毛症に効果があることが分かりAGAの治療薬となった経緯があります。ところでプロペシアの副作用には次のような特徴があります。重大な副作用には、肝機能障害があると言われています。またそのほかの副作用には、過敏症や生殖器への影響などが挙げられます。生殖器の副作用には、勃起機能不全や射精障害、精液量低下や睾丸痛などが挙げられます。異常が現れたときは、副作用の疑いもあるので医療機関を受診する必要があります。

男性型脱毛症の治療薬として使用されているプロペシアですが、男性型脱毛症の治療は保険適用がないため治療にかかる費用は自己負担となってしまいます。そうなると当然プロペシアの薬代も自己負担となりますが、プロペシアの薬価は高価であることが知られています。そのため薬代だけでも1カ月1万円近くする場合もあります。少しでも薬代を抑えられる工夫としては、ジェネリック医薬品を使用することが挙げられます。今ではプロペシアのジェネリック医薬品も販売されようになっています。まずは医師と相談してジェネリック医薬品が使えないか相談してみましょう。医師からもらえる処方箋がジェネリック医薬品への変更が可能となれば、その処方箋を薬局に持っていきジェネリック医薬品に変えてもらえるよう相談してみましょう。