プロペシアの副作用は薬が効いてる証拠でもある

笑顔の男性

医薬品であることを理解

悩む男性

AGAの治療薬であるプロペシアを服用するときは夜10前の服用がお勧めです。プロペシアの効果を最も得られる時間帯です。また、プロペシアはAGAのみに効果を発揮しますのでその他の原因で薄毛になっている場合は効果を得ることができない医薬品です。医薬品ですので副作用には注意が必要となります。

詳しく見る

飲む育毛剤

手鏡と櫛を持つ男の人

薄毛で悩んでいる場合にはプロペシアを服用する事によって改善できることがあります。プロペシアの特徴はAGAに効果が高く、副作用が少ないという事です。プロペシアは副作用が少ないだけでなく、発毛効果が高く安全性が認められているからです。

詳しく見る

薄毛対策に必須の成分

鏡を見る男性

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)に用いられる医薬品です。プロペシアの副作用には、肝機能障害や過敏症、生殖器への影響などが挙げられます。またAGAの治療は、保険が適用されないため、医薬品を含めた治療代は全額自己負担となります。負担を抑える工夫としてジェネリック医薬品の使用が挙げられます。

詳しく見る

薄毛治療薬の注意すべき点

鏡を見る男の人

薄毛に進行を止めてくれる

ここ数年で日本国内に、薄毛治療を専門的に行う医療機関が増えてきています。これまで、薄毛はさまざまな治療法がいわれてきて、頭皮をマッサージしたり育毛剤を使うといった方法がありましたが、どれも髪の毛がフサフサになったという例はあまりきかれないです。その理由は、薄毛の原因が遺伝や男性ホルモンにあるからです。いくら頭皮環境を清潔にしたところで、男性ホルモンと遺伝の力に勝つことはできないからです。ところが抜け毛の進行を抑える薬が開発され、それがプロペシアです。男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換すると、髪の毛の成長サイクルを短縮させてしまい抜け毛が増えます。その返還を抑制する薬がプロペシアなのです。

使用の注意点

薄毛治療に効果のある薬であるプロペシアですが、副作用のリスクがあります。薬を服用開始してから1ヵ月程度経過すると急に抜け毛の量が増えてしまいます。薄毛の治療をしているのに抜け毛が増えてしまうのでショックを受けてしまいますが、これは初期脱毛という副作用の症状であり髪の毛が新しく生まれ変わり新しい成長サイクルに入ったため抜け毛が一時期大量に抜け落ちるのです。この副作用は薬が正常に効いている証拠でもあります。プロペシアのその他の副作用しては、性欲が減退、勃起不全、肝臓の弱い方は肝機能障害を起こす副作用もあります。すべての方に副作用の症状が出るわけではないのですが、からだに支障をきたすばあいにはかかりつけの医者に相談することです。